家に住み着くねずみ退治の方法

都市部や住宅地で多く見られるねずみは3種類で、ドブネズミ、クマネズミ、ハツカネズミです。
これらのねずみはイエネズミとも呼ばれ、昔から民家などに住み着いています。

ねずみが家に住み着くと多くの被害が起きますので、早急な対策が必要です。

ご存知の通り、ねずみは丈夫な歯を持っていますので、木造の壁や柱をかじって破損させる恐れがあります。



また、電気系統の配線をかじられてしまった場合には、漏電により火災が起こる可能性もあります。


さらには寄生虫などの問題もあり、人やペットにも直接的な被害が出る場合もあります。ねずみ退治の方法は、駆除する方法と追い出す方法があります。

駆除する方法は、ねずみ退治の道具を使います。

代表的なものは、バネ式の罠、カゴ、粘着シート付きの仕掛け、毒餌などでしょう。



バネ式はねずみが触れるとはさんで捕らえます。ねずみは罠により圧死していることがほとんどです。

また、繰り返し何度も使える点がメリットと言えます。


カゴ式の罠はねずみを生きたまま捕らえますので、その後の処理が手間になりますがこちらも繰り返し使えます。
粘着シートの仕掛けはねずみが通る場所に仕掛けておきます。


その場合は、通り道を把握することと、複数個設置することが捕獲の確立を上げてくれます。

産経ニュースに関しての情報が閲覧できます。

最後に毒餌による方法ですが、最近では置くだけで使えるタイプも増えてきています。

注意したいのは小さい子供やペットの誤飲です。
手の届くところには置かないようにしましょう。
また、一度追い出したら戻ってこないように穴をしっかりふさぎます。どうしても個人でのねずみ退治が困難な場合は、業者へ依頼することも検討しましょう。