指先をマッサージする

###Site Name###

手の指先は血液が動脈から流れて、静脈に流れる折り返し地点なので、血行不良になりやすいです。血液が十分に送られないと体調を悪くする恐れがあります。

血行が良くなれば免疫細胞にも栄養が渡って正常に働くようになります。

免疫力を高めるツボは体のいくつかの場所にありますが、指先にも存在するのでこまめにマッサージをすると良いです。


免疫力をアップできるのは、薬指以外の全ての指先です。

親指は肝臓病と胸焼け、人差し指は胃痛、中指は心臓と肺の疾患、小指は腎臓や泌尿器科系の疾患に効果があります。

薬指にも腰痛などの関節炎を改善するツボがありますが、同時に交感神経をむやみに刺激してしまうので、自律神経のバランスが悪くなります。

朝日新聞デジタルの初心者も安心のわかりやすい情報を扱っています。

薬指以外の爪の根元をマッサージすれば、自律神経が整って体調が回復します。

指先であればどこでも実践できるので、自分が気づいた時に押せます。

自律神経はストレスが加わる場面で崩れやすいので、緊張している時にマッサージするのも効果的です。
ストレスで緊張した交感神経が鎮められて、リラックス効果をもたらす副交感神経が活性化します。

池袋のマッサージについて詳しく知りたいならこのサイトです。

他にも中指には、人差し指に近い方の爪の生え際に眠気を覚ますツボがあります。

片方の親指で強めにマッサージをすると、仕事中の居眠りを予防できます。

渋谷のマッサージの最新情報を紹介しています。

公の場所ではできませんが、足の指先にもツボや血流が滞りやすい部分があります。
自宅など周囲に気を使わない時に、手の指と同じように1分間ほどマッサージします。